1. ホーム
  2. 本のレビュー
  3. ≫80対20のセールスシステムのレビュー

80対20のセールスシステムのレビュー

80対20のセールスシステムの表紙

表紙

80対20のセールスシステムの裏表紙

裏表紙

書籍データ

タイトル お客が喜んで買っていく
80対20のセールスシステム
著者 ペリー・マーシャル
販売価格 3,700円+税
90日間返金保証 あり
送料 無料
ページ数 313ページ
ISBN-13 978-4-904884-61-4
発売日 2014/03/25

「80対20のセールスシステム」はどんな本?

概要

「80対20のセールスシステム」は、80対20の法則(パレートの法則)の本です。

パレートの法則とは、8割の数値は2割の要素から生み出されている、という法則です。

例えば、8割の利益は2割の顧客から得られていたり、
学校の成績優秀者は全体の2割のはずです。
ほぼ例外なく、世の中はこの法則に当てはまります。

このパレートの法則を使うことで、生産性を上げることができます。
利益の8割を生み出す、2割の仕事に全力で取り組めば良いわけです。

さらに、その2割の中にもパレートの法則が当てはまります。
2割の2割、つまり全体の4%は、さらに価値ある仕事になります。

このような本当に価値のあるやるべきことに取り組めば、
生産性は16倍、突き詰めればそれ以上の100万倍にもなるそうです。

このパレートの法則のパワーや、使い方が本書に書かれています。

本当にやるべきことをやり、効率や生産性を上げたいならおすすめの本です。

本の構成

本は6章構成となっています。

  • 1章:見込み客の発見
  • 2章:パワーツール
  • 3章:ビジネスの発展
  • 4章:人材への投資
  • 5章:市場を知る
  • 6章:違いを生み出す力

1章は、パレートの法則や、その真のパワーについて書かれています。

2章は、パレートの法則に有用なツールの紹介や、
フレームワークのようなものを学べます。
グラフや実際の数値が結構出てきます。

3~5章あたりは、ビジネス、人材発掘、市場リサーチを良くするための
パレートの法則の実践的な使い方になります。

6章だけ少し違って、ビジネス以外のことや、
悪い方の20%についての話になります。

著者

著者は、ペリー・マーシャルです。
世界有数のビジネスコンサルタントで、
「Googleアドワーズ」の第一人者と呼ばれています。

その業績は、Googleの広告費用をトータル何10億$を節約したり、
300を超えるクライアントをコンサルティングで結果を出しています。

ろくたのレビュー・感想

ろくたは、「人生を変える80対20の法則」という本を読んでいたり、
前々からパレートの法則関連は注目していましたためか、
この本からは大きな衝撃はありませんでした。

ただ、一部(2割?)は極めて良いことが書いてあったと感じました。

あとは、グラフや数値が多く出てくるところがあり、
ろくたにはちょっと苦手に感じて、読み飛ばしちゃいました(笑)。
人によっては、わかりやすいとは思います。

時間を無駄にしていると感じていたり、
生産性をより高める=同じ労力で利益を増やしたい、
と考えている人は、最適な本なんじゃないかと思います。

特に良かった点

ろくたが良いと思った点は3つありました。

1つ目は、80対20にはさらに80対20があることです。
今まではここまで考えたことはありませんでした。
突き詰めていけば、さらに効率の良い方法が見つけられそうです。

2つ目は、ショットガン作戦です。
これは、80対20の80と20を見つけ出す方法です。
ある市場に対して何らかの行動をすると、必ず反応を示す人達がいます。
この人達に攻めたり、または避けたりすることで、
効率よく動くことができます。

3つ目は、下位10%は追放する、です。
これは本の中では人材に対する内容で出てきます。
80対20は良い方を見がちですが、
悪い20の方も見て、そちらも対処しようという事です。

3つとも考えてみれば、今までにも感じたことはありますが、
あらためて確認することができて、良かったです。

注意した方が良いと思った点

パレートの法則は実践が難しい法則だと思うので、
知っているだけでは、ほぼ意味はありません。

必ず、今自分が抱えているビジネスなどへの応用が必要があります。

この本を読んだ後は、
自分のビジネスについて書き出してみて、
どの部分をどうするのか、等あらためて考えた方が良いと思います。

例えば上記のショットガンで言えば、
自分のビジネスの市場で、良客が反応する方法を考える必要があります。
本の中では、実際にショットガンを使って見分けていますが、
このショットガンに当たる部分を自分で考えなければ意味がありません。

多分、本を読みっぱなしにしただけでは、
ノウハウコレクター状態になると思われます。

自分のビジネスにしっかりと、落とし込みましょう。

この本を読むのに向いている人

特に向いている人は、セールスをしている人です。
ただ、パレートの法則はどんなものにでも応用できるので、
誰でも向いていると思います。

以下のような人は向いていると思います。

  • 営業
  • マーケター
  • 大きな市場から顧客を得たい人
  • お店を持っている人
  • まだパレートの法則を学んだことが無い人

得られるメリット

  • いつもと同じ労力で、利益を最大にする方法がわかる
  • セールスをすべき客、セールスをしてはいけない客の見分け方がわかる
  • 間違った営業をかけなくて済むようになる
  • 全体から優秀なもの(人材等)を見つけられる
  • 生産性を高めて、効率の良い仕事ができる

総合評価

「80対20のセールスシステム」は、
80対20の法則で、より効率を上げることができる本!

80対20の法則を知っている人は多いと思いますが、
その真のパワーや、活かす方法を知っている人は少ないです。
この本を読めば、それがわかります。

もし本の内容を適切に実践できれば、
今までと同じ時間を使って、生産性を倍以上にすることができるはずです。

自分のビジネスへの落とし込み方が難しいと思うので、
本を読む時は、自分のビジネスに当てはめながら読むのがおすすめです。

パレートの法則は、人生に大きなインパクトを与えるくらい影響を持っています。
仮に自分の人生の8割が無駄だったら、、嫌ですよね。
その8割はやらずに、残りの2割に集中できれば、
人生レベルで何かが変わるはずです。

誰が読んでも損は無いので、読んでみて効率のすごさを実感してみてください。

シェアをお願いします。


ろくた一押しのダイレクト出版本

  • 現代広告の心理技術101の表紙

    現代広告の心理技術101
    顧客が商品を買いたくなるような広告を作りたい人はこの本!

  • ウェブ・セールスコピーの法則の表紙

    ウェブ・セールスコピーの法則
    ウェブ上で売れる文章の書き方を学びたい人はこの本!

  • 社長のための時間の使い方の表紙

    社長のための時間の使い方
    生産的な時間を増やし、お金に換えたい人はこの本!

  • ザ・ローンチの表紙

    ザ・ローンチ
    プロダクトローンチのベストセラー本!

  • 脳科学マーケティング100の心理技術の表紙

    脳科学マーケティング100の心理技術
    脳をビジネスに活かす本!

  • ウェブセールスライティング習得ハンドブックの表紙

    ウェブセールスライティング習得ハンドブック
    ライティングの学習に最適!

関連記事一覧