1. ホーム
  2. 本のレビュー
  3. ≫大富豪の起業術のレビュー

大富豪の起業術のレビュー

大富豪の起業術の表紙

表紙

大富豪の起業術の裏表紙

裏表紙

書籍データ

タイトル 毎年700億円を稼ぎ出す<ダイレクトマーケティング起業家>が明かした
大富豪の起業術
著者 マイケル・マスターソン
小川忠洋(監修)
販売価格 3,700円+税
90日間返金保証 あり
送料 無料
ページ数 495ページ
ISBN-13 978-4-904884-92-8
発売日 2016/1/15

「大富豪の起業術」はどんな本?

概要

「大富豪の起業術」は、
ゼロから起業し1億円を生み出す最速の方法が書かれた本です。

著者のマイケル・マスターソンは、起業から数億円規模の企業を数十社育ててきました。
中には50~100億円以上の会社もあります。
一言で言えばスーパー起業家です。
アメリカの有名な「ジェイ・エイブラハム」も滅多にしない称賛をしています。
そんなマイケル・マスターソンの経験を凝縮したのがこの本です。

起業のステージ別(年商別)にやるべきことが分かれているので、
今のあなたの状態に沿って、やるべきことがわかるのが特徴です。
もちろん、ゼロから起業する方法も載っています。

起業のバイブルとも言える名著なので、
これから起業をする人はもちろん、
既に起業をしていて伸び悩んでいる人にも重宝することになるはずです。

本は読みやすく、行動しやすくなっているので、
あなたの現状と合わせながら読むことで、
今あなたの起業に必要なことが見えてくるはずです。

特に起業家、経営者の人におすすめですが、
会社員のマネージャークラスの人でも参考になると思います。

本の構成

本は5章構成となっています。

  • Part1:自分の可能性に挑戦する
  • Part2:ステージ1 幼児期
  • Part3:ステージ2 少年期
  • Part4:ステージ3 青年期
  • Part5:ステージ4 成人期

Part1では、起業には各ステージがあることがわかります。
そのステージ毎にやるべきことをする必要があります。
また、才能はそこまで必要はなく、
少しの知識といくつかのコツがあれば十分とわかります。
つまり、誰でも可能性はあるということです。

Part2では、年商0~1億円の幼児期ステージです。
主に「販売」について焦点を当てている章です。
まず最初にどうやって売るか。
これを突き詰めた章になっています。
マーケティングやコピーライティングにも触れています。

Part3では、年商1~10億円の少年期ステージです。
利益の出る商品を追加で迅速に出す必要があります。
そのために、イノベーションとスピードが重要になってきます。
フロントエンドやバックエンドについても触れています。

Part4では、年商10~50億円の青年期ステージです。
順調に成長しましたが、段々と組織に無理が生じてくる時期です。
手順書を作成したり、管理をする方法を学び、
経営陣→マネージャー→社員のような、
適切な組織図に作り変える必要が出てきます。

Part5では、年商50~100億円の成人期ステージです。
ここまで来ると成長が鈍ってきます。
また、今一度初心に返り、起業家精神を取り戻す必要があります。
経営から退くのも1つの選択です。
本当にやりたい仕事ができているか再確認しましょう。

著者

著者は、マイケル・マスターソンです。

聞いたことがある人は多いと思います。
年商100億円以上の会社を2社、年商50億円以上の会社を2社、
年商10億円以上の会社を10社以上保有しているスーパー起業家です。
ダイレクトレスポンスマーケティングを用いて、様々な業種で結果を出してきました。
さすがにこれだけの偉業を偶然に出来るわけがありません。
その彼のやってきたことが載っている本がこの本になります。

ろくたのレビュー・感想

本のタイトル通り、
起業家、すでに起業をしている人は絶対に読んで欲しい本です。
ステージ別に分かれているので、
今自分の会社で何をやるべきか、足りない部分はどこか、答えがわかります。
そのため、起業の失敗確率も下げることができるはずです。

マイケル・マスターソンが4日間で参加費100万円のセミナーをまとめた本ということなので、
とても中身も濃く、本当に買って損はありません。

やや固そうで読みづらそうな本というイメージもあるかもしれませんが、
中身はとても読みやすく、実践しやすい作りになっているので、
本を読むのが苦手な人でも読み切ることはできると思います。

特に良かった点

ろくたは起業家ではありあせんが、役に立つ部分は多かったです。

特に「販売」が良いと思いました。

販売はスタートアップした起業は意外と重視しないように思います。
なぜなら、良い商品を作ることに精一杯になることが多いからです。
でも、この本では、販売が最重要であることを何度も強調しています。

顧客はどこにいて、どの商品を売り、いくらで売るか、
これを考えると、販売あっての商品だと気づきました。
ろくたの場合、おそらく商品を作ってから売ろうと考えるからです。
考え方を販売中心にしなければならないことに気付けました。

こういった気付きがごく一部で、
他にもコピーライティングやマーケティングなど、
これらをわかりやすく具体例を添えつつ説明してくれるので、
非常にわかりやすかったです。

注意した方が良いと思った点

すべての業種に通じる内容で書かれているので、
内容はどうしても抽象的なものになりがちです。

そのため、この本に書かれていることを1つ1つ自分の事業に当てはめて考える必要があります。
(まあこれは、この本に限ったことではありませんが)

ざっと流して読むのではなく、
1つ1つの章や項目ごとに考えながら熟読していくことをおすすめします。

この本を読むのに向いている人

起業術とありますが、
今から起業する人だけでなく、既に起業している人も対象となります。
つまり、会社経営者全般に向いています。
業種は関係なく使える方法です。

以下のような人は向いていると思います。

  • 経営者
  • 起業家
  • これから起業したい人
  • マーケター
  • マネージャー

得られるメリット

  • ゼロから起業して成功する方法がわかる
  • 会社のステージごとにやるべきことがわかる
  • 商品の販売方法がわかる
  • 素早く年商を上げて各ステージを超えていく方法がわかる
  • 既存の商品から儲かる新商品の開発方法がわかる

総合評価

「大富豪の起業術」は、
起業に関係する人にバイブルとも言えるおすすめ本!

色々な評価方法がありますが、
どの評価方法でもおそらく、満点か満点に限りなく近い点数を付けたい本です。

起業をしたい人や既に起業をしている人は、
有無を言わさず、思考停止で買うべき本だと思います。
それ以外でもマーケティング、販売、マネージャーなど、
多くのビジネスマンでも得られるものがあるはずです。

もし今、起業をする上、した上で、伸び悩んでいたり、何か壁にぶつかっているなら、
この本がその助けになれる確率は高いと思います。

色々なことがステージごとに答えとして載っているので、
あなたはどこかが上手くできていなかったりしているはずです。
それを見つけ出すのにも非常に有効な本です。

起業を成功させたい人すべてにおすすめです。
ろくただけの意見ではなく、レビューも載っているので、
迷っているなら以下のリンクから参考にしてみてください。

シェアをお願いします。


リッチシェフレンの代表作!ろくた一押しです

全世界で100万人が読んだマニフェストが完全版で日本上陸!

ろくたが実際に買ってみたレビューは「⇒こちら

ろくたはこの本はもちろん、バックエンドも購入しています。

ろくた一押しのダイレクト出版本

  • 現代広告の心理技術101の表紙

    現代広告の心理技術101
    顧客が商品を買いたくなるような広告を作りたい人はこの本!

  • ウェブ・セールスコピーの法則の表紙

    ウェブ・セールスコピーの法則
    ウェブ上で売れる文章の書き方を学びたい人はこの本!

  • 社長のための時間の使い方の表紙

    社長のための時間の使い方
    生産的な時間を増やし、お金に換えたい人はこの本!

  • ザ・ローンチの表紙

    ザ・ローンチ
    プロダクトローンチのベストセラー本!

  • 脳科学マーケティング100の心理技術の表紙

    脳科学マーケティング100の心理技術
    脳をビジネスに活かす本!

  • ウェブセールスライティング習得ハンドブックの表紙

    ウェブセールスライティング習得ハンドブック
    ライティングの学習に最適!

関連記事一覧