1. ホーム
  2. 本のレビュー
  3. ≫影響力の科学のレビュー

影響力の科学のレビュー

影響力の科学の表紙

表紙

影響力の科学の裏表紙

裏表紙

上(ケース付き)

書籍データ

タイトル 人を動かす心理原則
影響力の科学
著者 ロバート・B・チャルディーニ
ダグラス・T・ケンリック
スティーヴン・L・ニューバーグ
販売価格 18,000円+税
90日間返金保証 あり
送料 無料
ページ数 768ページ
ISBN-13 978-4-904884-54-6
発売日 2014/07/25

「影響力の科学」はどんな本?

概要

「影響力の科学」は、
実際に大学の講義にも使われている社会心理学のすべてが詰まった本です。
一般向けというか専門書と言えます。

まず内容よりも、18,000円という値段や、
大きな本&700ページ超えのボリュームが目につきます。

非常に専門的な内容となっている上に、範囲も広いので、
これだけの値段やボリュームになったのだと思います。

だからといって、そこまで内容が難しいわけでもなく、
普通の人でも割りと読みやすく仕上がっていると思います。

同じ著者が書いたベストセラー本「影響力の武器」をより広く深く書いたのが、
「影響力の科学」、と言えば想像しやすいと思います。

「影響力の武器」に書いてあるような心理実験がたくさん載っており、
こういう時に人はこう動く、ということが、
実証されたデータと共に載っています。

ビジネスだけでなく、友人関係や恋人関係、家族などのすべての対人関係で、
活かせる社会心理学が満載です。

本の構成

本は14部構成となっています。

  • Chapter1 社会心理学への手引き
  • Chapter2 個人と状況
  • Chapter3 社会的認知 自分と他者を理解する
  • Chapter4 自己を提示する
  • Chapter5 態度と説得
  • Chapter6 社会的影響 同調、コンプライアンス、服従
  • Chapter7 親和と友情
  • Chapter8 愛と恋愛関係
  • Chapter9 向社会的行動
  • Chapter10 攻撃性
  • Chapter11 偏見、ステレオタイプ化、差別
  • Chapter12 集団
  • Chapter13 社会的ジレンマ 協力と対立
  • Chapter14 社会心理学の統合

ボリュームが多すぎるのですべてについて説明できません。

それぞれのチャプターは約50~60ページくらいとなっていて、
プロローグ、本文、エピローグ、まとめ、の流れになっています。
また、途中途中で内容確認のための質問があるので、
きちんとこれに答えていくことで内容はしっかりと理解できると思います。

例えば、チャプター7であれば、友人がテーマになっており、
友人とはから始まり、男性、女性の友人では違う点や、地位との関連など、
友人による影響力について学ぶことができます。

著者

著者は3人います。
ロバート・B・チャルディーニ、
ダグラス・T・ケンリック、
スティーヴン・L・ニューバーグです。

全員、社会心理学の研究をしており、
数々の出版物を出していたり、大学で心理学を教えていたりと、
心理学のエキスパートです。

なかでも、ロバート・B・チャルディーニは、
200万部以上売れている「影響力の武器」の著者です。

ろくたのレビュー・感想

まずこの本、買うのにかなり迷い、そして買う時は結構な勇気が必要でした。

というのも、値段が18,000円と本としては超高額であることや、
700ページ超え&大きい本の超ボリュームなので、
ろくたに使いこなせるかどうか、という懸念があったからです。

買って読んでみた結果、この懸念は半分くらいは当たっていたと思います。
というのも、やはりわからない部分はありました。
でも、わかる部分はわかるし、非常に納得できるものがあったので、
良かったと思います。

わからない部分は軽く読み流し、
わかりやすそうな部分だけ読んでいくだけでも十分に参考になると思います。

ビジネスに使える心理はもちろんですが、
家族や友人など対人関係全般で使えそうなテクニックも多いので、
これ1冊あれば、社会での対人関係に怖いものはなくなると思います。

特に良かった点

良いと思った点はたくさんあるので、その内の1つを挙げたいと思います。

それは意志力についてです。

リッチ・シェフレンもよく言っていますが、意志力は有限です。
(リッチは注意力と言っていたと思います)
これは、この本の実験によって書かれてあります。

ある1つの目標に進んでいたのに、
他の目標が割り込んだせいで気が散ってしまい、ブレるのも意志力が関係します。

なかでも、意志力がなぜ足りなくなったり減っていくのか、
そして、意志力の回復方法が載っていたことが非常に役に立ちました。

意志力を意識することで、
自分の意志力をうまく使ったり、
他人の意志力を意識することもできるようになりました。

以上は、ほんの2ページくらいに書かれてあった内容です。
こういった気付きが山のようにあるので、得るものは多い本でした。

注意した方が良いと思った点

正直、ろくたの理解力が足りず、わからない部分がいくつかありました。

なんか、全く興味のないジャンルの講義を受けているような感覚で、
何を言っているのかよく理解できないといった感じです。

ストーリー仕立てになっている部分は非常にわかりやすかったですが、
わかりにくい部分はわかりにくかったです。

でも、わかりにくい部分は読み飛ばせばいいだけなので、
そこまでは気になりませんでした。

この本を読むのに向いている人

この本は大学や大学院の社会心理学講義で使われているくらい、
かなり専門的な本になるので、
正直言うと、一般向けとは言い難い本です。

なので、高レベルな社会心理学を学びたい人におすすめです。

以下のような人は向いていると思います。

  • 社会心理学を勉強している人
  • 心理学者
  • 心理系全般の職業
  • セールスライター
  • マーケター

得られるメリット

  • 人を動かす心理原則がわかる
  • 高額な大学の講義と同じレベルの心理学を学べる
  • 広告の反応率をあげる方法がわかる
  • 対人で敵なしになる説得する方法がわかる
  • 従業員の生産性を高める方法がわかる

総合評価

「影響力の科学」は、
社会心理学の最強本!

まずこの本を読む前に、「影響力の武器」を読んでない人は、
絶対に読むべきです。
理解できて、それでも物足りなければ、
この「影響力の科学」を検討すれば良いと思います。

「影響力の武器」はいくつか絞られた心理原則を中心に書かれた本ですが、
「影響力の科学」ではそのすべてが書かれているイメージです。

通常なら「影響力の武器」の内容で十分ですが、
ライバルを出し抜きたいなら話は別です。
ライバルよりも10~20%上回るだけで、売上は80%以上の差になることが、
80対20の法則で証明されているからです。

また、この本は見ればわかると思いますが、買う人はかなりの少数派です。

少数派である成功者の中に入る1つの手段として、
社会心理学を極めるのは良い選択肢だと思います。

社会心理学を使って、人を動かしたい人にはおすすめの本です。

シェアをお願いします。


リッチシェフレンの代表作!ろくた一押しです

全世界で100万人が読んだマニフェストが完全版で日本上陸!

ろくたが実際に買ってみたレビューは「⇒こちら

ろくたはこの本はもちろん、バックエンドも購入しています。

ろくた一押しのダイレクト出版本

  • 現代広告の心理技術101の表紙

    現代広告の心理技術101
    顧客が商品を買いたくなるような広告を作りたい人はこの本!

  • ウェブ・セールスコピーの法則の表紙

    ウェブ・セールスコピーの法則
    ウェブ上で売れる文章の書き方を学びたい人はこの本!

  • 社長のための時間の使い方の表紙

    社長のための時間の使い方
    生産的な時間を増やし、お金に換えたい人はこの本!

  • ザ・ローンチの表紙

    ザ・ローンチ
    プロダクトローンチのベストセラー本!

  • 脳科学マーケティング100の心理技術の表紙

    脳科学マーケティング100の心理技術
    脳をビジネスに活かす本!

  • ウェブセールスライティング習得ハンドブックの表紙

    ウェブセールスライティング習得ハンドブック
    ライティングの学習に最適!

関連記事一覧