1. ホーム
  2. 本のレビュー
  3. ≫ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術のレビュー

ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術のレビュー

ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術の表紙

表紙

ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術の裏表紙

裏表紙

書籍データ

タイトル ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術
著者 ダン・S・ケネディ
キム・ウォルシュ-フィリップス
販売価格 2,980円+税
90日間返金保証 あり
送料 無料
ページ数 397ページ
ISBN-13 978-4-86622-018-5
発売日 2016/11/10

「ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術」はどんな本?

概要

「ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術」は、
ダン・ケネディのフェイスブック活用本です。

思わずに「ずるい!」と思ってしまうような、
フェイスブック集客術が載っています。

実はダン・ケネディは、SNSに否定的な立場を取っていた1人です。
しかし、実際に結果が出てきたため、
SNSの効果を認めざるを得なくなったそうです。
そして、SNSの権威であるキムウォルシュと共にこの本が出版されました。

結果が出たのは、アメリカだからじゃないか、と思うかもしれません。
たしかに日本は、アメリカに比べるとSNSの利用は多くはありません。
しかし、この本を出版しているダイレクト出版が実践し、日本で結果を出したそうです。
他にも日本で実践し続々と結果を出しているようです。

マーケティングの手法は色々とありますが、
フェイスブックを使った方法は未だ少なく、日本ではライバルが少ない状態です。
アメリカで結果が出たものは遅れて日本にも来ます。
今がチャンスと言えるでしょう。

フェイスブックを使って、売上を伸ばすことに試してみたい人におすすめです。

本の構成

本は5部構成となっています。

  • Part1:ソーシャルメディアは武器になるか
  • Part2:マーケティングにソーシャルメディアを活用する
  • Part3:もっとソーシャルメディアの力を引き出す
  • Part4:ソーシャルメディアで成果を上げるテクニック
  • Part5:マーケティングで勝者になる

Part1では、ソーシャルメディアで稼ぐことができるのか、について書かれています。
こういう本を出すくらいなので答えはYESになるのですが、
結果が出ない人は、ソーシャルメディアを特別視しているから、とダンケネディは言っています。
ダイレクトレスポンスの原則に返り、やるべきことがわかります。

Part2では、ソーシャルメディアをダイレクトレスポンスの原則に当てはめることが書かれています。
専門家になること、リードマグネット、いいね!を獲得する意味、など、
ソーシャルメディア上でのダイレクトレスポンスの活かし方がわかります。

Part3では、ソーシャルメディアをより活かす方法が書かれています。
フェイスブック以外のメディアについてや、
登録後のEメールの具体的な書き方、その後のファネル戦略について、
写真付きの事例がわかりやすく載っています。

Part4では、ソーシャルメディアで結果を出す方法についてです。
反応を出すためのコンテンツの作り方から、売るための技術、テストについて、
こちらも写真付きの事例付きが載っています。
この章でクロージング率が上がるはずです。

Part5では、ソーシャルメディアのマーケティングとして、
主にキャンペーンについて書かれています。
こちらも実践的な内容となっています。

著者

著者は、ダン・S・ケネディと、キム・ウォルシュ-フィリップスです。

ダン・ケネディは、
ダイレクトレスポンスマーケティングの世界でNo1と言っても過言ではありません。
企業家、戦略家、コンサルタント、コピーライター、著書でもあり、
この世界で知らない人はいないくらいのプロです。

キム・ウォルシュ-フィリップスは、
ソーシャルメディアを活用したダイレクトレスポンスマーケティング会社のCEOです。
ダン・ケネディを始めとする優れたマーケター達と仕事をして収益アップを実現しています。

ろくたのレビュー・感想

とりあえず、ダン・ケネディの本は買いです(笑)。

何を知るにもやはりNo1から学ぶのが最も早く確実です。
ダイレクトレスポンスマーケティングのNo1であるダン・ケネディが出した、
SNS活用の本なので非常に興味を持ちつつ読んでみました。

まず、最初にいきなり衝撃を受けました。

SNSと言うと、「いいね!」「Tweet数」などに注目しがちです。
Webサイト上で、いくついいね!されているのかが誰にでも見えるので、
嫌でも注目してしまいがちです。

しかしそれをダン・ケネディは、利益が出ることが最重要と断言しています。

利益を出すなんて、ごく当たり前のことと思うかもしれませんが、
失敗している人は、いいね!の数に惑わされて、本質を見失っています。
ソーシャルメディアを特別視してしまったばっかりに、
最も重要で基本的な「利益」を忘れてしまっていたのです。

いくらいいね!を獲得できても、それがお金にならなければ何の意味のありません。

実益重視、結果を出したい人に最適で唯一のフェイスブック活用本だと思います。

特に良かった点

ろくたが特に良かったのは、
フェイスブックから収益へのつなぎ方です。

通常、「このレポートを手に入れたい人はメールアドレスを登録」、
というのがよくあるパターンですよね?
しかし、メールアドレスの登録を嫌がる人も多いです。

そこでこの本では、まずは教育することを薦めています。
登録せずに、クリックしていくことで、
コンテンツ1 → コンテンツ2 → コンテンツ3へと進むことができます。
そして、最後にボーナスが欲しい人は登録、と言う感じで、
最後の最後にメールアドレスの登録が用意されています。

この手法はろくた的には斬新に思えました。

ある程度内容を読んでもらってからの登録になるので、
そこまで読み進めた人は、高確率でもっと内容を知りたいと思うはずです。
単純に即登録する人よりも、より購入してくれる確率の高い人を登録させられるので、
良い手法だと思いました。

ソーシャルメディアだけじゃなく、普通のマーケティングにも使えそうです。

ちなみにこの手法が写真付きで載っています。

注意した方が良いと思った点

多くは日本でも使える方法が書かれていますが、
一部は日本ではちょっと疑問と思えることも載っています。

例えば、リンクトインです。
リンクトインによる手法がいくらすごくても、
そもそもユーザーが少ない日本では使う必要性すら疑わしいです。

他にもいくつか日本ではちょっと、、というものがあったので、
実際に本を読みながら、該当するSNSを自分の目で見つつ、
使えそうか、使えないか、を判断していくと良いと思いました。

この本を読むのに向いている人

本のタイトル通り、フェイスブックによる集客を死体人におすすめです。
フェイスブックに限らず、ソーシャル全般にも触れているので、
SNSを使った最新のマーケティングを知りたい人におすすめの本です。

以下のような人は向いていると思います。

  • マーケター
  • ネットショップ運営者
  • フェイスブックによる集客を検討している人
  • ソーシャルメディアから成果を出したい人
  • ダン・ケネディのファン

得られるメリット

  • フェイスブックからの集客で収益を伸ばす方法がわかる
  • 日本でも使えるフェイスブック活用方法がわかる
  • 投稿のクリックから利益につなげる方法がわかる
  • 登録しない見込み客を購入へ導く方法がわかる
  • リードマグネットの手法がわかる

総合評価

「ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術」は、
フェイスブック広告を使って利益を出すための本!

ダン・ケネディが、ダイレクトレスポンスマーケティングをフェイスブックに応用した手法が、
公開されたのがこの本になります。

今の時代だとGoogleからの集客はライバルが多く、広告費も高くなっており、
逆に厳しいまであると思います。

しかし、フェイスブックによる広告は、まだライバルも少なく、
実践している人が少ないのが現状です。
商品によっては、フェイスブックの方が相性が良い場合もあります。

ダイレクトレスポンスマーケティングの原則の1つである「テスト」の通り、
フェイスブックでも広告をテストしてみませんか?

その手法が、この本を読めば手に入ります。

シェアをお願いします。


リッチシェフレンの代表作!ろくた一押しです

全世界で100万人が読んだマニフェストが完全版で日本上陸!

ろくたが実際に買ってみたレビューは「⇒こちら

ろくたはこの本はもちろん、バックエンドも購入しています。

ろくた一押しのダイレクト出版本

  • 現代広告の心理技術101の表紙

    現代広告の心理技術101
    顧客が商品を買いたくなるような広告を作りたい人はこの本!

  • ウェブ・セールスコピーの法則の表紙

    ウェブ・セールスコピーの法則
    ウェブ上で売れる文章の書き方を学びたい人はこの本!

  • 社長のための時間の使い方の表紙

    社長のための時間の使い方
    生産的な時間を増やし、お金に換えたい人はこの本!

  • ザ・ローンチの表紙

    ザ・ローンチ
    プロダクトローンチのベストセラー本!

  • 脳科学マーケティング100の心理技術の表紙

    脳科学マーケティング100の心理技術
    脳をビジネスに活かす本!

  • ウェブセールスライティング習得ハンドブックの表紙

    ウェブセールスライティング習得ハンドブック
    ライティングの学習に最適!

関連記事一覧