1. ホーム
  2. 本のレビュー
  3. ≫いいね!を集める技術のレビュー

いいね!を集める技術のレビュー

いいね!を集める技術の表紙

表紙

いいね!を集める技術の裏表紙

裏表紙

書籍データ

タイトル いいね!を集める技術
クチコミ心理を紐解く「新」ソーシャル・マーケティング
著者 デイヴ・カーペン
販売価格 3,700円+税
90日間返金保証 あり
送料 無料
ページ数 311ページ
ISBN-13 978-4-904884-71-3
発売日 2014/05/25

「いいね!を集める技術」はどんな本?

概要

「いいね!を集める技術」は、
ソーシャルネットワーク上で人気を集めるハウツー本です。

この本は、著者のデイヴ・カーペンが、
250以上の企業や組織に対してSNSを活用してきたノウハウが載っています。
そのため、その効果は既に実証済みということです。

予算が必要なわけでもなく、技術的に難しいわけでもない、
誰にでもできる簡単な方法を紹介してくれています。

しかも、各章の最後に、行動に移しやすい「アクションリスト」があるので、
より一層SNSをビジネスに活用しやすくなっています。

Facebookを始めとするSNSをビジネスに活かすためには、
具体的には「いいね!」を押してもらう必要が出てきます。

この本を読めば、いいね!を集めることができる
具体的でシンプルな方法がすぐにわかります。

SNSを使って、売上アップやブランド力の強化をしたい人におすすめの本です。

本の構成

本は18章構成となっています。

  • 1章:顧客の声を聞く -そして、聞くのを決してやめないこと
  • 2章:ターゲット -何億人の中から意中の相手を絞り込む
  • 3章:消費者の視点 -どの立脚点で、考え行動するか
  • 4章:「いいね!」の獲得 -顧客をファンにすることから始まる
  • 5章:エンゲージメントの追求 -顧客と対話できる関係を作り出す
  • 6章:苦情への対応 -否定的なコメントにどう対応するか
  • 7章:良い評判 -真正性を打ち出す
  • 8章:信頼 -好意的なコメントには感謝で返す
  • 9章:正直さと透明性 -情報開示は時代の要請である
  • 10章:質問の力 -顧客との絆を深めるやりとりの仕方
  • 11章:価値の提供 -無償で与えることに意味はあるか
  • 12章:物語を始めよう -人の心をつかむベストな形とは
  • 13章:物語の共有を促す -顧客をその気にさせるとっておきの方法
  • 14章:顧客体験 -好かれる会社になろう
  • 15章:ソーシャルネットワーク広告 -ターゲットへの強固なインパクト
  • 16章:失敗を認める -ブランド価値を守る確かな対応
  • 17章:興奮、驚き、喜び -あなたが届け続けるべきもの
  • 18章:売り込むな! -買いやすい仕組み、買ってしまう流れを作る

1章~3章は、ターゲッティングの話です。
顧客の声を聞き、顧客を理解し、顧客の視点に立つ重要性が語られています。

4章~11章は、エンゲージメントの話です。
エンゲージメントとは愛着心のことで、
顧客をファンになってもらうことがテーマになります。

12章~14章は、語るべき物語の話です。
心をつかむベストな方法に物語を挙げていて、
その有効性や手法について書かれています。

15章~18章は、広告と販売の話です。
SNSで好かれる広告や、ライバルに差をつける広告、
SNS上でやってはいけない広告などが書かれています。

最後に、付録としてソーシャルネットワーク入門があります。

著者

著者は、デイブ・カーペンです。

ソーシャルメディアやクチコミマーケティング会社のCEOをやっている人です。
様々な企業や行政機関にソーシャルメディアを活用してきた実績があります。

ちなみに、本の表紙の人とは別人です(笑)。

ろくたのレビュー・感想

ろくたは、普段Facebookをほぼ使っていないし、
Twitterも見る方が多く、あまり使っていません(汗)。

そのためか、個人的には活かせるシーンは無さそうでした。
やはりSNSを使っている人じゃないと、
この本を役に立てることはできないと思います。

すぐに実践できるテクニックが数多く載っているので、
ソーシャルネットワークをビジネスに活用したい人は、
かなりおすすめの本だと思います。

特に良かった点

ソーシャルネットワーク上での顧客に対する姿勢がよくわかりました。

とにかく、正直者でいることが最も重要だとわかりました。
ネットでは顔が見えないので、
余計に意識して誠実な態度を取っていくことが必要です。

クレームには真摯に対応したり、
感謝にはこちらも感謝をしたりと、
顧客に誠実な対応を取っていくことで、
信頼を得たり、ファンになってもらえたりします。

逆に最悪のケースは、クレーム等の書き込みを削除してしまうことです。
これは、顧客からするとさらに怒りをヒートアップさせてしまい、
炎上まで発展する可能性があります。

この本に書かれているような姿勢の企業と触れ合えれば、
ろくたもファンになりそう、と思いました。

注意した方が良いと思った点

この本はアメリカの本なので、
日本よりもソーシャルネットワークが身近な環境です。

例えば、何かのお店を探す時に、
友達がいいね!を押していたから、そのお店を選んだ、
というケースが紹介されています。

アメリカではよくあるそうですが、
日本ではあまりそういうことはないと思います(汗)。

少なくともろくたは、いいね!によって、
影響を受けた事はないし、
何かを探す時にいいね!を基準にすることもありません。

あとは、SNS上での広告による集客方法を知りたい人もいると思いますが、
そういった内容はあまり出てきません。
顧客と手動で繋がっていく方法が載っています。

この本を読むのに向いている人

TwitterやFacebook等のソーシャルネットワークを使って、
最終的に売上を上げたい人なら、どんな人でも向いています。

以下のような人は向いていると思います。

  • 広報担当者
  • Webコンサルタント
  • Webマーケター

得られるメリット

  • Facebook等のSNSをビジネスに活かす方法がわかる
  • SNSで集客する方法がわかる
  • SNSを通じて顧客をファンにする方法がわかる
  • 魅力溢れるブランド形成の方法がわかる
  • 予算を多くかけなくても集客できる方法がわかる

総合評価

「いいね!を集める技術」は、
SNSで人気を集める方法がわかる本!

FacebookやTwitter上で、顧客にファンになってもらったり、
信頼を得るような方法が良く分かる本です。

既に実証済みのいいね!を集める方法が載っているので、
これを実行すれば、ビジネスに活かせるはずです。

さらに、章ごとに「アクションリスト」というToDoリストがあります。
このアクションリストを実践することにより、
あなたのビジネスに役立てるSNSの使い方や、
アイデアが湧いてくると思います。

是非手にとって、実践してみてください!

シェアをお願いします。


ろくた一押しのダイレクト出版本

  • 現代広告の心理技術101の表紙

    現代広告の心理技術101
    顧客が商品を買いたくなるような広告を作りたい人はこの本!

  • ウェブ・セールスコピーの法則の表紙

    ウェブ・セールスコピーの法則
    ウェブ上で売れる文章の書き方を学びたい人はこの本!

  • 社長のための時間の使い方の表紙

    社長のための時間の使い方
    生産的な時間を増やし、お金に換えたい人はこの本!

  • ザ・ローンチの表紙

    ザ・ローンチ
    プロダクトローンチのベストセラー本!

  • 脳科学マーケティング100の心理技術の表紙

    脳科学マーケティング100の心理技術
    脳をビジネスに活かす本!

  • ウェブセールスライティング習得ハンドブックの表紙

    ウェブセールスライティング習得ハンドブック
    ライティングの学習に最適!

関連記事一覧