1. ホーム
  2. 本のレビュー
  3. ≫リスト・ビジネスの教科書のレビュー

リスト・ビジネスの教科書のレビュー

リストビジネスの教科書の表紙

表紙

リストビジネスの教科書の裏表紙

裏表紙

書籍データ

タイトル リスト・ビジネスの教科書
世界一堅実に10億円稼げるネットマーケ最強のビジネスモデル
著者 メアリエレン・トリビー
販売価格 2,980円+税
90日間返金保証 あり
送料 無料
ページ数 282ページ
ISBN-13 978-4-86622-011-6
発売日 2016/06/25

「リスト・ビジネスの教科書」はどんな本?

概要

「リスト・ビジネスの教科書」は、
リストを集め、収益化をするための具体的手順が書かれた本です。

本の中では、インボックス・マガジンという手法が主に紹介されています。
簡単に言えば、メルマガです。

メルマガと聞くと、自分で文章を書くことを想像すると思いますが、
この本で紹介されているインボックス・マガジンという手法では、
専門家と協業し、専門家に記事を書いてもらう形式となっています。

このインボックス・マガジンを使ったリストビジネスを、
ゼロから作っていく具体的手順が書かれた本になります。

アイデアを出し、製品・コンテンツを作り、
購読顧客を獲得していき、収益化していく、という流れになります。

この本の通りにうまく仕組みを作ることができれば、
自分でメルマガの文章をほとんど書く必要がなく、収益化できるので、
自由で何ら不自由のない生活も可能です。

実際にアメリカだけでなく、日本でも、
メルマガを使って億まで稼いでいる人はいます。
この本の手法をそのまま使えば、そこまで成長させることも可能です。

既にメルマガを発行している人はもちろんですが、
これからメルマガを活用したい人におすすめの本です。

本の構成

本は6部構成となっています。

  • PART 1:市場と理由 効果的なリスト作り
  • PART 2:事業分析 何に集中すべきか
  • PART 3:製品作り コンテンツの作成を容易にする秘訣
  • PART 4:購読者基盤の確立 1000人のリードを獲得する詳細プラン
  • PART 5:本格始動 顧客リストを着実にお金に替えていく
  • PART 6:大か小か 会社を成長軌道に乗せる

PART 1は、アイデアから市場を決めるところまでです。
アイデアを見つけ、市場(ターゲット)に対して効果的なテーマを考えていきます。
その際、市場分析や競合分析を使っていきます。

PART 2は、ビジネスモデル作りからです。
成功するリストビジネスモデルは3つあり、それぞれについて説明しています。
また、メルマガのネーミングや配信ペース、内容など、
細かい部分にも触れていきます。

PART 3は、コンテンツ制作です。
主に専門家に記事を書いてもらう依頼方法などが書かれています。

PART 4は、購読者の獲得についてです。
ランディングページの作り方や、ソーシャルの使い方になります。

PART 5は、実際にメルマガ購読者に対して商品などを売っていきます。
アフィリエイトがメインですが、
他にも広告販売、製品販売、セミナーやライブイベントなど、
様々な方法でお金に替えていきます。

PART 6は、会社を軌道に乗せていく部分です。
固定費や変動費の数字を見ていきます。
日々チェックするべき数字を確認し、健全な事業を目指していきます。
誰かを雇ったり、事業売却までについても書かれています。

著者

著者は、メアリエレン・トレビーです。

有名企業の数百万ドル規模の部署をいくつも成功に導いてきて、
現在は、情報出版やデジタルマーケティングで成功した起業家のコンサルやコーチング、
講演や作家としても活動を行っています。

また、女性ならではのアイデアとして、
働く母親のための企業を設立し、現在CEOも務めています。

ろくたのレビュー・感想

リストビジネスをゼロから構築して、収益化まで持っていける本だと思いました。

資金も人脈もない状態から、
どうやってコンテンツを作るか、リストを集めるか、
ということがかなり具体的に手順が書かれています。

テクニックだけでなく、実践例も書かれているので、
かなり参考になると思います。

ろくたはメルマガはやりませんが、
オンラインマーケティングを学ぶという意味でも、かなり勉強になりました。

なので、メルマガを発行している人や、
これからやろうと思っている人なら、役立つこと間違いないと思います。

特に良かった点

ろくたはメルマガをやっていませんが、
もしメルマガをやっていたなら、
メルマガを作った後に、どうやって人を集めようか、と考えたと思います。

でも、この本を読んでから、それでは遅いことに気付きました。

最初にアイデアを出す時に、市場・ターゲットを考えていきます。
そして、そのターゲットに響くテーマを探し、
それに見合うコンテンツを作っていく必要があると、わかりました。

つまり、リスト集めの前から勝負はある程度決まっているわけです。

もちろん、メルマガが始まってからのリスト集めも重要ではありますが、
それ以前に、ターゲットに響く魅力的なコンテンツがなければ、
意味がないことがわかって良かったです。

マーケティングの重要性が非常によくわかりました。

注意した方が良いと思った点

この本ではインボックス・マガジンという手法がメインなので、
他者との協力、つまりジョイントベンチャーが必要になってきます。

メルマガを始める場合、最初は自分1人でやることを考えると思いますが、
いきなり協業・ジョイントベンチャーから始めることになるので、
その部分が初心者にはネックになってくると思います。

なので、この本を買うなら、
ただのメルマガの本ではなく、
ジョイントベンチャーを使ったメルマガの本、ということを知っておいた方がいいです。

ジョイントベンチャーをする時に、相手の専門家にメールで依頼すると思いますが、
そのメールの書き方なども載っているので、
一応、ジョイントベンチャーをしたことが無い人でも大丈夫なはずです。

この本を読むのに向いている人

リストを集め、そこに対してアプローチしていく本なので、
情報コンテンツで稼ぎたい人に向いています。

以下のような人は向いていると思います。

  • メルマガを発行している人
  • 具体的なメルマガ発行までの手順を知りたい人
  • リストを集める方法を知りたい人
  • オンラインマーケティングを仕組み化したい人
  • コンサルタント

得られるメリット

  • アイデアを製品(コンテンツ)まで落としこむ具体的な方法がわかる
  • 顧客を集められるコンテンツの作り方がわかる
  • 創業すぐでもリストを集められる方法がわかる
  • リストをお金に替える方法がわかる
  • ゼロから成功までの具体的手順・考え方がわかる

総合評価

「リスト・ビジネスの教科書」は、
リストビジネスでゼロから成功するための本!

リストビジネスで成功するためのかなり現実的な内容が書かれた本です。

通常、メルマガを自分で発行し、リストを取る場合、
そこに購読者が付くのは難しいように思います。
やはり、無名の人のメルマガをわざわざ読む人も少ないと思います。

この本で紹介している、インボックス・マガジンの手法であれば、
最初から専門家の力を使うことができるので、
成功確率はかなり高いと思います。

ただ、成功するためには、
市場を分析したり、それに見合ったテーマを考えておく必要があります。

そういったもろもろの手順がかなり具体的に書かれていたり、
成功事例、失敗事例も書いてあります。

リストビジネスをやっている人はもちろんですが、
これからリストビジネスに参入する人にとっては、
あらかじめ仕入れておきたい知識・経験がつまっている本なのでおすすめです。

シェアをお願いします。


リッチシェフレンの代表作!ろくた一押しです

全世界で100万人が読んだマニフェストが完全版で日本上陸!

ろくたが実際に買ってみたレビューは「⇒こちら

ろくたはこの本はもちろん、バックエンドも購入しています。

ろくた一押しのダイレクト出版本

  • 現代広告の心理技術101の表紙

    現代広告の心理技術101
    顧客が商品を買いたくなるような広告を作りたい人はこの本!

  • ウェブ・セールスコピーの法則の表紙

    ウェブ・セールスコピーの法則
    ウェブ上で売れる文章の書き方を学びたい人はこの本!

  • 社長のための時間の使い方の表紙

    社長のための時間の使い方
    生産的な時間を増やし、お金に換えたい人はこの本!

  • ザ・ローンチの表紙

    ザ・ローンチ
    プロダクトローンチのベストセラー本!

  • 脳科学マーケティング100の心理技術の表紙

    脳科学マーケティング100の心理技術
    脳をビジネスに活かす本!

  • ウェブセールスライティング習得ハンドブックの表紙

    ウェブセールスライティング習得ハンドブック
    ライティングの学習に最適!

関連記事一覧