1. ホーム
  2. 本のレビュー
  3. ≫マル秘 人脈活用術のレビュー

マル秘 人脈活用術のレビュー

マル秘人脈活用術の表紙

表紙

マル秘人脈活用術の裏表紙

裏表紙

書籍データ

タイトル 紹介の連鎖が永遠に続く
マル秘 人脈活用術
日々の出会いを売上につなげるネットワーキングの黄金律
著者 ボブ・バーグ
販売価格 2,980円+税
90日間返金保証 あり
送料 無料
ページ数 387ページ
ISBN-13 978-4-904884-90-4
発売日 2015/08/25

「マル秘 人脈活用術」はどんな本?

概要

「マル秘 人脈活用術」は、
その名の通り、人脈を活用するための本になります。

人脈作りの基本的な考え方である「ネットワーキング」から、
交流会などで人脈を作る具体的な方法、
そして、作った人脈を活用することで見込み客が勝手に集まるようになる、
この流れがずっと続くようなシステムを作るための本になっています。

営業経験のある人なら、
有力者から紹介されることが、いかに強力かわかると思います。
初対面の時、まずは信頼関係を築く必要がありますが、
紹介されている場合なら、ここが最初からクリアされている状態になります。

もし、まだ自分の商品やサービスを自分の力だけで売り込んでるのなら、
この紹介のパワーを使うだけで、
自分がやる時よりも少ない労力で、より高い成約を得ることができるはずです。

このような強力な紹介パワーを活用したいのなら、
まずはあなたを紹介してくれる人脈を作る必要があります。

その方法を1から具体的に載っているのがこの本になります。
人脈を作り、活用していきたいすべての人におすすめの本です。

本の構成

本は4部構成となっています。

  • PART1:ネットワーキングの基本
  • PART2:ネットワーキングの実践
  • PART3:ネットワーキングの応用
  • PART4:ネットワーキングの循環

PART1では、ネットワーキングの定義を確認したり、
ネットワーキングのための10の質問集があります。
基本的な部分になりますが、非常に重要な内容です。
この質問集をマスターするだけでも、かなり会話をコントロールできるようになります。

PART2では、実際に人脈を広げる具体的な方法が書かれています。
交流会に参加して、その後にフォーロアップしていくスタイルを始め、
色々な方法で人脈を広げていきます。
かなり具体的に書かれているので実践しやすいです。

PART3では、ネットワーキングを成功する確率を上げてくれる、
色々なTIPSが書かれています。
自分をエキスパートの位置付けをするポジショニングや、
マインドや細かい絵チケット等、
実践してから徐々に取り入れていけば、効果を高めてくれます。

PART4では、いろいろ紹介の連鎖システムのメソッドに入ります。
この内容を実践すれば、紹介が連鎖し続けるような、
有望な見込み客が勝手に集まってくるシステムを作れるようになります。

著者

著者は、ボブ・バーグです。

ボブ・バーグは、コミュニケーションスキルと、
ビジネスにおけるネットワーキングの専門家です。
バーグ・コミュニケーションズ社の社長だけでなく、
アメリカ中の大企業や団体で講演を行っています。

ろくたのレビュー・感想

アメリカではかなり有名な本で、ロングセラーとなっているらしく、
Amazonでの評価もかなり高い本のようです。
その評判通りで、呼んでみると納得しました。
アメリカの本ではありますが、この本の内容は日本でも活用できます。

普段営業はほとんどしないろくたでも、
これはかなりアタリの本だと感じました。
内容が非常に具体的でした。

異業種交流会や懇親会の場面では、
初対面の人との会話になるので、
名刺交換から軽い雑談をして、そのまま終わってしまう人も多いと思います。
ろくたは100%この状態になります(汗)。

こういった場面で会話をコントールする方法や、
相手を気分よくさせる質問をしていく方法が具体的でした。

さらに、その後のフォローアップ方法も具体的です。
礼状を出す、なんかはよく聞くと思いますが、
そこからどうやって売上につなげて行くのか、は難しいところです。
仲良くなりたい反面、買ってもらいたい、という部分で葛藤もあると思います。

でもフォローアップをこの本の通りにやることで、
必要な時に自分の名前を思い出してもらえるようになったり、
自分の知らない所で、勝手に見込み客を紹介してくれるようにできます。

内容的には難しいものではないので、実践すれば誰でもできると思います。

特に良かった点

ろくたが特に良かったのは、
ネットワーキングのための10の質問集です。
これを知っただけで、この本を買ってよかったと思います。

ろくたが使う時は、ほとんどが懇親会になります。

セミナーはまあまあ行くので、
その後の懇親会でこれらを実践していきたいと思います。

質問の仕方を工夫するだけで、
初対面の相手でも話が止まらなくなることができるようです。

ろくたもそういう状態になれるように、
この質問集はEvernoteに書いて、いつも見られるようにしました。

注意した方が良いと思った点

この本はビジネス書の基本的な注意点である、
実践することが非常に重要だと思いました。

結局、人対人になるので、
マニュアル通りにいくことの方が少ないです。
だから、何よりも場数が必要になってきます。

なので、実践できる場を積極的に作っていく必要があります。
日本だと、異業種交流会や懇親会がほとんどだと思います。

ろくたは異業種交流会は行きませんが(汗)、
セミナー等に行くと懇親会はあるので、
行く前日にはこの本をざっと読み返してみたいと考えています。

この本を読むのに向いている人

本のタイトル通り、人脈の本になるので、
人脈を集めたい、活用したい人に向いています。

以下のような人は向いていると思います。

  • すべての営業職
  • 交流会などで人脈を作りたい人
  • マスコミやメディア
  • 見込み客の欲しい個人事業主やフリーランス
  • 何か専門的なことをやっていて、見込み客を探している人

得られるメリット

  • 人脈を活用して顧客を獲得する方法がわかる
  • 初対面の相手と信頼関係を築くコツがわかる
  • 異業種交流会や懇親会での人脈の作り方の具体的な手法がわかる
  • 交流会後のフォローアップ方法がわかる
  • 紹介が止まらない連鎖の作り方がわかる

総合評価

「マル秘 人脈活用術」は、
人脈作りから活用する方法までがわかる本!

売上を上げたい営業職の人は、必須級の本だと思います。

日本でもよくある交流会や懇親会などの場面から人脈を作り、
その人脈から紹介してもらい、
見込み客が勝手に集まる方法が書かれています。

この本に書かれていることだけを実践していけば、
非常に強力な人脈をどんどん作ることができ、
ネットワークが完成したら、
もう自分から営業をしなくても、
紹介だけで回っていくようなシステムを作ることができます。

なので、特に交流会や懇親会から人脈を獲得したい人は、
絶対に買って読んだ方がいいと思います。
営業職や紹介のパワーを使いたい人もおすすめです。

シェアをお願いします。


リッチシェフレンの代表作!ろくた一押しです

全世界で100万人が読んだマニフェストが完全版で日本上陸!

ろくたが実際に買ってみたレビューは「⇒こちら

ろくたはこの本はもちろん、バックエンドも購入しています。

ろくた一押しのダイレクト出版本

  • 現代広告の心理技術101の表紙

    現代広告の心理技術101
    顧客が商品を買いたくなるような広告を作りたい人はこの本!

  • ウェブ・セールスコピーの法則の表紙

    ウェブ・セールスコピーの法則
    ウェブ上で売れる文章の書き方を学びたい人はこの本!

  • 社長のための時間の使い方の表紙

    社長のための時間の使い方
    生産的な時間を増やし、お金に換えたい人はこの本!

  • ザ・ローンチの表紙

    ザ・ローンチ
    プロダクトローンチのベストセラー本!

  • 脳科学マーケティング100の心理技術の表紙

    脳科学マーケティング100の心理技術
    脳をビジネスに活かす本!

  • ウェブセールスライティング習得ハンドブックの表紙

    ウェブセールスライティング習得ハンドブック
    ライティングの学習に最適!

関連記事一覧