1. ホーム
  2. 本のレビュー
  3. ≫ウェブセールスライティング習得ハンドブックのレビュー

ウェブセールスライティング習得ハンドブックのレビュー

ウェブセールスライティング習得ハンドブックの表紙

表紙

ウェブセールスライティング習得ハンドブックの裏表紙

裏表紙

ウェブセールスライティング習得ハンドブックのコピーライティングトレーニング13

これも付いてました

書籍データ

タイトル ウェブセールスライティング習得ハンドブック
著者 寺本隆裕
販売価格 3,980円+税
キャンペーン:2,980円+税
90日間返金保証 あり
送料 無料
ページ数 238ページ
ISBN-13 978-4-904884-91-1
発売日 2015/06/30

「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」はどんな本?

概要

「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」は、
知識ゼロでもセールスライティングが書けるようになる本です。

この本は、同じダイレクト出版の「12週間セールスライティング通信講座」を元にした本となっています。
この講座は、大体5~6万円する講座で、
受講した人達からは非常に受けが良く、ダイレクト出版の中でもヒット商品の1つと言っていいと思います。

そんな講座を元にした内容を、たった数千円で学ぶことができるので、
セールスライティングを学ぼうとしている人なら、迷わず買いだと思います。

基礎知識から、セールスレターの書き方まで具体的に書かれているので、
この本の通りに学んでいけば、
ウェブセールスレターは書けるようになります。

また、後半部分は辞書としても使えるので、
例えばヘッドラインを作る時にこの本を参考にしながら書けば、
信頼されるヘッドラインを書くことができるはずです。

また、日本のトップとも言えるセールスライターが書いた本なので、
非常に読みやすくなっています。
翻訳書特有の読みにくさはなく、スラスラと一気に読めます。
本の中によく出てくる例えもわかりやすく、
理解するのに非常に役に立ちます。

まさに、セールスライティングを学ぶのに最適な本です。

本の構成

本は11章構成となっています。

  • 序章:セールスライティングを学ぶこととは
  • 1章:セールスライティングを学ぶためのマインドセット
  • 2章:お客さんの行動心理とは
  • 3章:ダイレクト・レスポンス・マーケティングの基礎知識
  • 4章:セールスコピーを書くために必要なこと
  • 5章:リサーチで書くべきことを明確にする
  • 6章:ビッグアイデアを考える
  • 7章:ヘッドラインの作り方
  • 8章:オープニングを考える
  • 9章:ブレットの書き方
  • 10章:証拠で信頼性を上げる
  • 11章:編集をして仕上げよう

ダイレクト出版の「12週間セールスライティング通信講座」と、
ほぼ同じ構成となっています。

前半は基礎知識、
後半はセールスレターの作り方が具体的にわかるようになっています。
後半部分は辞書的にも使えるので、
セールスレターを作る時に手元に置いておきたい1冊になると思います。

順番に読んでいくことで、
無理なくセールスライティングが書けるように構成されています。

著者

著者は、寺本隆裕さんです。

ダイレクト出版のセールスを受けている人なら、おなじみだと思います。
ダイレクト出版の取締役兼セールスライターで、
現役バリバリでセールスレターを作っています。

実績もすごく、累計107億円をウェブで売り上げたとのこと。
個人的には日本の中でもトップレベルのライターだと思います。

ダイレクト出版の「ザ・レスポンス」等で、
寺本さんの記事が読めたりするので、
知らない人は先に探してみると良いかもしれません。

ろくたのレビュー・感想

ろくたは、元となった「12週間セールスライティング通信講座」を知っていたので、
即決で購入した本でした。
レターやビデオもありましたが、一切見ずに、自信を持って買いました。

そして買ってよかったと思います。

買って本を見た時にまず思ったのが、
「本のサイズが小さい」ということでした。
これは、普段ダイレクト出版の翻訳本を読んでいたせいもあります。
サイズ的には普通のビジネス書のサイズです。
まさにハンドブックといった感じでした。

あと、読んでみると非常に読みやすい。
ビジネス書の中でもかなり読みやすいと思います。
2時間ほどで一気に読みきってしまいました。

本の内容も思った以上のものでした。

ろくたはそこそこセールスライティングの知識はそこそこあると思いますが、
それでもいくつか忘れていた部分や勉強になる部分があり、
さっそくライティングをする時に使ってみたいと思いました。
しばらくは机の上に置いておきたい本になりそうです。

これなら、初心者の人でもゼロから学ぶことができるようになっているので、
セールスライティングを学ぶ1冊目にちょうどいいと思います。

特に良かった点

ろくたはウェブ上でライティングはやりますが、
セールスレターを書くことはありません。
それでもこの本は参考になりました。

特にリサーチの章が良かったです。
ろくたはリサーチはすればするほど良い物だと思っていましたが、
実際は違いました。
ある程度のところで切った方がいい、ということがわかりました。

あと、ろくたには自分で作ったリサーチ用のテンプレートシートがあって、
それを埋めることでリサーチできるようにしています。
でも、この本を読んだことでリサーチすべきことがまだまだ足りないということに気づき、
現在はそのリサーチシートを改良しています。

とりあえず本を1回読みましたが、
まだまだ学ぶべきことが多そうなので、
身になったと思えるまで何回も読みたいと思いました。

注意した方が良いと思った点

著者の寺本さんも言っていますが、
実践ありき、という点は注意が必要です。

知識のMAXが100だとして、
100学んでもセールスレターを書いたことがなければ0点です。
知識20でもセールスレターを書けば20点になります。

なので、とにかく実践することが重要です。
実際に書かないと全く意味が無いとも言えます。

この本を買う気があるのなら、
実践する場も用意しておいた方が良いと思いました。

この本を読むのに向いている人

セールスライティングを学ぶ本となっているので、
基本的にはウェブ上で何かを売っている人、売りたい人、に向いています。

ただ、知識ゼロの人でもステップバイステップで学べるようになっているので、
これから身に付けたい初心者でも問題ありません。

以下のような人は向いていると思います。

  • 何か本格的な副業を探している人
  • 一生もののスキルを身に付けたい人
  • ライティング、文章力を向上させたい人
  • ウェブを使って商品・サービスを売っている人
  • ウェブマーケター

得られるメリット

  • ゼロからセールスライテイングが書く方法がわかる
  • ネットで商品を売る方法がわかる
  • お客さんの行動心理を理解し、心を動かす方法がわかる
  • セールスレターのリサーチでやるべき事が明確にわかる
  • セールスレターの部品ごとの書き方が詳細にわかる

総合評価

「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」は、
非常にわかりやすくセールスライティングが学べる本!

ろくた的には、日本でトップレベルのセールスライティング本だと思います。

これほどわかりやすく、内容の濃いものは久しぶりです。
初心者から上級者まで満足のいく本になっていると思います。
そして、読んだ後も辞書的に使うことができるので無駄がありません。

まさに、ウェブセールスライティングをやる人にはうってつけの本じゃないでしょうか。

ダイレクト出版の本としては珍しく、
一部中身(20ページくらい)が読めるようになっているので、
気になる人は、ちょっと覗いてみてください。
(ろくたは中身も見ずに即買いましたw)

あと、今なら3980円のところが2980円と1,000円引きなので、
割引が終わってしまう前に、すぐ買うことをおすすめします。

シェアをお願いします。


リッチシェフレンの代表作!ろくた一押しです

全世界で100万人が読んだマニフェストが完全版で日本上陸!

ろくたが実際に買ってみたレビューは「⇒こちら

ろくたはこの本はもちろん、バックエンドも購入しています。

ろくた一押しのダイレクト出版本

  • 現代広告の心理技術101の表紙

    現代広告の心理技術101
    顧客が商品を買いたくなるような広告を作りたい人はこの本!

  • ウェブ・セールスコピーの法則の表紙

    ウェブ・セールスコピーの法則
    ウェブ上で売れる文章の書き方を学びたい人はこの本!

  • 社長のための時間の使い方の表紙

    社長のための時間の使い方
    生産的な時間を増やし、お金に換えたい人はこの本!

  • ザ・ローンチの表紙

    ザ・ローンチ
    プロダクトローンチのベストセラー本!

  • 脳科学マーケティング100の心理技術の表紙

    脳科学マーケティング100の心理技術
    脳をビジネスに活かす本!

  • ウェブセールスライティング習得ハンドブックの表紙

    ウェブセールスライティング習得ハンドブック
    ライティングの学習に最適!

関連記事一覧